キハ91系 急行「きそ」 8両セット

型番 10-1386
定価 25,272円(税1,872円)
販売価格 22,680円(税1,680円)
購入数

キハ91系は昭和41年(1966)に500馬力の大出力エンジンを搭載した試作車として登場し、中央西線を代表する急行「しなの」「きそ」、また高山本線の急行「のりくら」として活躍しました。
丸みを帯びた優美な前面スタイルと大出力エンジンを冷却するための屋根上の放熱器が最大の特徴です。キハ91系の運転で得られた成果は、キハ65やキハ181系特急形気動車に活かされました。
量産試作車のキハ91 2〜7と、先行試作車のキハ90を改造したキハ91 9、グリーン車キサロ90を製品化。8両セットでお届けします。
D51(長野式集煙装置付)、キハ181「しなの」などと合わせて昭和40年代の中央西線を再現したり、381系、383系、313系と同線の歴代の車両を辿るといった楽しみ方もできます。

Your recent history

Recommended

Mobile